在宅医療(訪問診療)

在宅訪問診療とは

当院は在宅療養支援診療所です

体調が悪く、通院が困難な方の訪問診療を行います。訪問看護ステーション連携医療機関(半田市立半田病院、長寿医療センター、あいち小児保健医療総合センターなど)、および医療や介護の各事務所と連携しながら在宅療養支援診療所として地域のお役に立てればと考えています。

こんな方はご相談ください

  • 病院から退院して自宅療養を希望していますが、通院は体調のために困難です
  • 人工呼吸器などを利用しているために、訪問診療医をさがしています
  • 胃ろうによる栄養摂取を自宅で継続したいです
  • ご高齢のために通院が難しくなりました
  • 困難な病状のために、在宅での臨終をお考えの方やそのご家族の方

実施可能な処置など

  • 採血検査、尿検査
  • 各種薬剤の点滴、注射
  • 人工呼吸器の管理
  • 高カロリー輸液の管理、中心静脈カテーテルの管理
  • 経管栄養(胃瘻・胃管)の管理
  • 気管内吸引
  • 浣腸・摘便
  • 気管切開後の気管カニューレ管理
  • 在宅酸素法
  • 褥瘡(床ずれ)の処置
  • 尿カテーテルの管理・処置、導尿
  • 人工肛門の管理

訪問診療をお考えの方はご相談ください

訪問診療可能な地域

半田市内の一部地域(国道247号線より北、名鉄河和線より東側の地域)

症状によっては、地域外でも訪問いたしますのでご相談ください。

訪問診療開始までのながれ

ご相談ください
お電話にて当院までご連絡下さい。病院の在宅支援スタッフ、ケアマネージャー、訪問看護ステーションを通じてご依頼を頂いても結構です。すでにご利用の支援スタッフがみえましたら、ご相談されるとスムーズです。
打ち合わせ
ご自宅で療養中の場合は訪問前に病状のこと、療養へのご希望などをクリニックでお聞きしています。入院中の場合は、退院前に入院先の病院で打ち合わせを行うこともございます。
訪問診療開始
月に2回以上の定期的な訪問診療を行います。訪問日程については、あらかじめご連絡差し上げます。

よくあるご質問

Q在宅療養支援診療所とは?
A

安心して在宅療養を送っていただくために、24時間体制の診療体制をとる診療所のことです。
具体的には、当院および他の医療機関、訪問看護ステーションとの連携をはかって24時間体制を確保しています。

Qどのような患者さんが対象となるのですか?
A

自宅で療養を必要としているが、疾病、傷病のために通院による療養が困難な方が対象です。訪問診療のご希望がございましたら、いつでもご相談下さい。

Q往診と訪問診療の違いは?
A

往診は、患者さんの求めに応じて臨時で行う場合を指して言います。一方、訪問診療は定期的に予定を立て自宅に伺い健康管理を行っていくものです。当院では、訪問診療が中心となりますが、その経過の中で、臨時にお伺いする場合には往診となります。

Q訪問診療はどのように申し込みますか?
A

お電話にてご相談ください。病院の在宅支援スタッフ、ケアマネージャー、訪問看護ステーションを通じてご依頼を頂いても結構です。すでにご利用の支援スタッフがみえましたら、ご相談されるとスムーズです。

Q訪問診療はどれくらいの間隔ですか?
A

当医院では月に2回以上の定期的な訪問診療を行います。訪問日程につきては、あらかじめご連絡差し上げます。

Q急な体調不良のときの対応は?
A

何かございましたらすぐにクリニックにご連絡ください。適切な対応を取らせていただきます。
必要であれば臨時で往診いたします。

Q在宅診療でも検査は実施可能でしょうか?
A

訪問看護を利用して、血液、尿の検査は通院される場合と同様に実施可能です。
検査の結果も迅速にご報告できます。

Q点滴はできますか?
A

訪問看護を利用して、定期的な点滴の実施、急な点滴の実施が曜日を問わず実施可能です。個々のケースに合わせてご案内いたします。

Q中心静脈カテーテル留置、胃ろうの入れ替えはできますか?
A

中心静脈カテーテル留置は可能ですが、多くの場合は病院での留置をお勧めしています。
必要時は、病院と連携のうえで留置のご案内をしています。また胃ろうについては、留置された器材によって対応が異なりますので、訪問診療で個々にご案内いたします。

Q訪問看護はどのように依頼したらよいでしょうか?
A

当院では、訪問看護ステーションと連携しながら診療を行います。
当院の訪問診療をご利用にあたりましては、必ず訪問看護をご利用下さい。訪問看護ステーションがお決まりでない場合は、当院と連携実績のある訪問看護ステーションをご紹介申し上げます。

Q病院との連携はどのようになっているでしょうか?
A

当院は、半田市立半田病院、国立長寿医療センター、あいち小児保健医療統合センターと連携医登録をしています。
入院が必要な場合は、これらの病院をに利用することができます。

ページの先頭へ