感染症内科 / 治りにくい発熱

治りにくい発熱が気になる方へ

2週間以上、発熱が続いている場合は注意が必要です。まずは、発熱の様子を詳しく記録する必要があります。熱の原因は細菌やウイルスによる感染症が原因であることが多いのですが、病状は原因微生物、感染した部位、個々の免疫状態によっていろいろです。また適切な治療が行われても、すぐには改善しないこともあります。ほかにも慢性疲労、膠原病、ホルモン異常症、がん、薬の副作用、アレルギーなどが発熱の原因であったり、これらが合併していたりと原因や経過もさまざまです。当院では、感染症専門医、総合内科専門医、呼吸器専門医の特徴を生かした総合的な診療を提供します。治りにくい発熱の原因を診断し、適正な治療を行ってまいります。いつでもご相談ください。

こんな方は来院をお勧めします

  • 2週間以上、発熱が続いています
  • かぜのあとの回復が思わしくありません
  • 海外帰国後から発熱が続きます
  • 体重が減ってきます
  • 慢性的な疲労蓄積が続きます

ページの先頭へ