内科 / 高血圧

高血圧が気になる方へ

血圧の高い状態を高血圧といいます。高血圧には特有な自覚症状はありません。

高血圧は長い時間をかけて進行し、血管を障害していきます。

その結果、動脈硬化を原因とした心臓病や脳卒中などの合併症の引き金となります。

高血圧と診断するには正しい血圧値の測定が必要です。

家庭血圧測定の正常値は収縮期血圧(上の血圧)が125mmHg、拡張期血圧(下の血圧)は80mmHg未満であり、同様に収縮期血圧135mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上を高血圧とされています。

当院では、適切な高血圧治療の指導を行うことができます。いつでもご相談ください。

こんな方は来院をお勧めします

  • 血圧が高いので心配です
  • 検診で、心電図異常の指摘を受けたことがあります
  • 塩味の濃いものを好んで食べます
  • 親や親せきに高血圧の方がいます
  • 脳血管障害、狭心症(虚血性心疾患)の経験があります

ページの先頭へ