内科 / 甲状腺機能障害

甲状腺機能障害が気になる方へ

甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌し、体中の臓器の機能調節を行っています。甲状腺の主な病気はバセドウ病(甲状腺ホルモン分泌過多)、慢性甲状腺炎(橋本病、甲状腺ホルモン分泌不全)、甲状腺がんなどです。症状は、ホルモン分泌程度によってさまざまです。この疾患は、女性に多いのが特徴です。また甲状腺機能低下症は、高齢者では「年齢のせい」「老化」と誤解されがちです。当院では甲状腺機能障害の診断、治療を行うことができます。いつでもご相談ください

こんな方は来院をお勧めします

  • 動悸、体重減少があります(甲状腺ホルモン分泌過多)
  • 汗をかきやすくなりました(甲状腺ホルモン分泌過多)
  • 手が震えます(甲状腺ホルモン分泌過多)
  • 脈が速いです(甲状腺ホルモン分泌過多)
  • 下痢が続きます(甲状腺ホルモン分泌過多)
  • 疲れやすく、寒がりです(甲状腺ホルモン分泌不全)
  • 手足のむくみがあります(甲状腺ホルモン分泌不全)
  • 便秘が続きます(甲状腺ホルモン分泌不全)
  • 髪が抜けてきます(甲状腺ホルモン分泌不全)
  • 甲状腺ホルモンの異常を指摘されたことがあります

ページの先頭へ