内科 / 認知症(もの忘れ)

認知症(もの忘れ)が気になる方へ

認知症は「心の生活習慣病」

認知症は、多くのみなさんに広く知られた病気です。そして、多くのみなさんがかかりたくない病気のひとつです。しかし実際には65歳以上の方のおよそ10%に何らかの認知症があるとされています。とくにアルツハイマー型認知症は、ゆっくりとした進行で、なおかつ明らかな神経症状を示しません。このために、「年齢のせい」「老化」と誤解されがちです。記憶の低下を含めた認知障害のために生活に支障が出る前の、初期(発症数年)のうちに治療に取り組むことがとても大切なことが知られています。当院では、認知症治療に積極的に取り組んでいます。認知症はご本人だけの問題ではなく、ご家族にとっても大きな悩みです。認知症への正しい知識をともに共有することから一緒に始めます。いつでもお問い合わせください。

こんな方は来院をお勧めします

  • よく知っているところなのに、道に迷うようになりました
  • 物の使い方がわからなくなってしまいました
  • 言いたいことを言葉にするのが苦手になりました
  • 買い物に行っても、目的のものを買い忘れてしまうようになりました
  • 最近、食べ物などの好みが変わりました
  • 「物を盗られた」というような妄想
  • 認知症の有無を調べたい

ページの先頭へ