内科 / 更年期障害

更年期障害が気になる方へ

閉経の前後に相当する45~55歳頃の約10年間に現れる身体の不快な症状を更年期障害といいます。更年期を迎えると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの量が徐々に低下していきます。更年期障害とは、このホルモンの量の変化に身体が慣れるまでの間に、様々な不快な症状が出ることをいい、熱感(ほてり・のぼせ)、発汗、不眠、頭痛、うつ症状などがあります。

また、閉経をむかえる年齢ではない10代、20代の女性に更年期のような症状がでる「若年性更年期障害」も増えつつあります。卵巣の機能が衰えているのではなく、ストレスや生活の乱れによって脳からの指令がうまく伝わらず、ホルモンバランスが崩れ、身体が更年期のような状態になってしまうのです。ほっておくと、月経が止まる、不妊症になりやすいなど、様々な弊害を引き起こします。当院では、更年期障害への内科的な側面よりアドバイス、治療を行うことができます。症状に応じては専門科(婦人科)にご紹介できます。いつでもご相談ください。

  • ※当院では個々の症状に合わせて、症状を緩和する内服剤を処方できます。
  • プラセンタ注射

こんな方は来院をお勧めします

  • 急に体があつくなることがあります
  • 汗をかきやすくなりました
  • 最近、あまり眠れません
  • 体がだるくて、疲れやすいです
  • いらいらして、自分らしく過ごせません
  • 物事への関心が薄れ、やる気が出ません

ページの先頭へ