プラセンタ注射

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは、人間の胎盤から抽出されたアミノ酸を含め10数種類のアミノ酸、活性ペプチド、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養源を含む医療用の注射のことです。

プラセンタ注射薬は医療用医薬品として肝炎や更年期障害などの治療にも用いられています。

プラセンタの効果は非常に多岐に渡るとされています。

その効果のひとつにシミしわの解消、美白効果が挙げられます。

これはプラセンタの血行改善作用が、リンパの流れを促し、皮膚のコラーゲンを増やす作用があるためと言われています。

また疲労回復、冷え性の解消、肩こり・腰痛の解消などの効果も期待できます。

プラセンタ注射は以下のような方におすすめしています

  • 疲労がなかなか回復しません
  • ホルモンバランスを良くしたいです(生理痛、生理前後のにきびの悩み)
  • 腰痛、肩こりを治したいです(血行改善)
  • 美容に関心があります(にきび、しみ、シワ、たるみの心配、悩みなど)
  • 更年期症状を乗り切りたいです

プラセンタ注射の初回外来のながれ

受付でプラセンタ注射のご希望をお伝えください。
スタッフより、プラセンタ注射の簡単なご説明をいたします。
注射をご希望の場合は、医師より再度ご説明いたします。
同意書を作成し、開始日を決定します(当日から実施できます)。また、以後の注射スケジュールを決定します。

プラセンタ筋肉注射(ラエンネック注射)

1本 1500円

2本 2000円

診察料を初回のみ1500円頂いております

よくあるご質問

Qプラセンタ注射はどのような間隔で行いますか?
A

最初は週に2回くらい、その後状態に合わせて、週に1回くらい通院するのが一般的です。筋肉注射時間は1分程度です。

Qプラセンタ注射の副作用は?
A

一般的なお薬と同様に、アレルギーが出現したり、注射部位の刺激症状などがあげられます。

Qプラセンタ注射は安全ですか?
A

安全と思われます。肝機能の改善の治療にラエンネックは保険適用薬として使用されてきた実績もあります。
またラエンネックは、日本国内で採取されるヒトプラセンタを原料として製造され、梅毒や結核、淋病、B型肝炎、C型肝炎、エイズなどの汚染ないことを確認され、危険性を排除したうえで出荷されています。
また本製品を含めヒトプラセンタを原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は、現在までに国内・海外ともにありません。
しかし病原性プリオンなどに対する安全性については、現在の滅菌方法や検査方法では、変異型クロイツフェルトヤコブ病等の伝播のリスクを完全に否定することはできません。

Qプラセンタの投与を受けると献血ができない?
A

輸血や臓器移植を受けた場合と同様に献血はできません。
ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射薬の使用を通じて、これまでクロイツフェルトヤコブ病の感染事例は報告されていませんが、現在の滅菌方法や検査方法では変異型クロイツフェルトヤコブ病等の伝播のリスクを完全に否定することはできないためです。

ページの先頭へ