呼吸器内科

呼吸器内科ご利用案内

咳、息切れでお悩みの方、まずは受診してみてください

「咳止めを飲んでも咳が止まらない」「息切れがする」などの場合、肺や気管支の病気が原因かもしれません。

当院では、呼吸器内科および内科全般の広い範囲で診療にあたります。

まずはいちど、診察をお受けください。

きっと良いアドバイス、治療が見つかります。

健康診断で胸部レントゲン異常の指摘を受けた場合もお知らせください

胸部レントゲンで異常には、たくさんの病気が考えられます。

過去に撮影されたレントゲンがあれば、その比較検討が診断に役立つ場合もあります。

当院では適切な診断の手順と治療を提供いたします。

また大きな問題がない場合も、今後の経過観察の計画を提案いたします。

呼吸器専門医として丁寧で良質な医療を提供します

呼吸器の病気は気管支喘息・咳喘息、アトピー咳、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫などのCOPD)、間質性肺炎、肺がん、肺炎・気管支炎、肺結核、インフルエンザなど多彩です。

健康診断で指摘された胸部レントゲン異常や肺活量検査異常についても診療いたします。

また予防医学の領域では禁煙外来も行うことができます。

いつでもご相談ください。

こんなときは、お早めの来院をお勧めします

はやめの対処が最も大切です。不安に感じることがあればお気軽にご来院ください。

呼吸器内科で使用する検査機器

乙川さとうクリニックでは、 適切な治療を提供するための検査機器を導入しています

▶呼吸抵抗測定装置

呼吸抵抗測定装置

「呼吸のしにくさ」を調べる検査です

  • 咳が長く続きときの診断に用います
  • 喘息、せき喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の経過観察に用います
  • 高齢者やお子さまの患者さまでも簡単に実施できます
  • 診断結果は3Dのカラーグラフで表示されます

吸抵抗測定装置

呼気 NO 測定(NINOX MINO)

呼気 NO 測定(NINOX MINO)

「気管支のアレルギーの炎症」を調べる検査です

  • 息を吹きかけるだけで検査できる最新鋭の装置です
  • 咳が長引くときの診断に用います
  • 喘息・せき喘息の経過観察に用います
  • お子さまでも簡単に実施できます

<検査手順>

検査手順

代表的な呼吸器内科診療内容

  • 治りにくい咳

    「風邪をひいたあとの咳がなかなか止まらない」という経験はありませんか?いちどご相談ください。

    詳細を見る

  • 気管支ぜんそく・咳ぜんそく

    咳の発作症状のために運動を控えたり、お出かけをあきらめたりしていませんか?

    詳細を見る

  • 慢性閉塞性肺疾患

    肺の生活習慣病、それがCOPDです。その原因のほとんどは喫煙です。自覚症状が出る前に対処することが大切です。

    詳細を見る

  • 間質性肺炎

    多くの場合は、胸部レントゲンで異常を指摘されます。まず専門医の診察を受けてください。

    詳細を見る

  • 肺がん

    この地域の肺がんの方の療養をサポートします。わたしたちにできることがありましたら、いつでもご相談ください。

    詳細を見る

  • 睡眠時無呼吸症候群

    日中の眠気、起床時の頭痛、睡眠障害でお悩み方には睡眠時無呼吸の検査をお勧めしています。

    詳細を見る

ページの先頭へ