呼吸器内科 / 気管支ぜんそく・咳ぜんそく

気管支喘息・咳喘息が気になる方へ

気管支喘息・咳喘息は、空気の通り道である気管支がわずかな刺激で急激に収縮し、呼吸困難の発作を繰り返す病気です。典型的な気管支喘息は、呼吸をするときに「ゼーゼー、ヒューヒュー」と聞こえる苦しそうな症状(喘鳴:ぜんめい)を繰り返します。咳喘息の場合は、咳を主たる症状とします。気管支喘息のように明らかな「ゼーゼー、ヒューヒュー」を伴わないため、なかなか指摘されにくいようです。このため長い間、咳の原因がわからないでいたという場合もしばしばです。どちらの病気も、継続的な治療を行うことが大切です。放置しておくと、慢性的に悪化を繰り返します。本来、軽症なはずの咳喘息の場合も放置しておくと、気管支喘息に悪化することがあります。

治療

治療目標の設定をすすめていきましょう

治療の目標は以下のようです。

  • 日常生活を守ること(日々の生活、睡眠、仕事、学業、スポーツ等に支障を来さない。喘息発作のための不定期な外来受診、救急受診、入院を出きるだけ避ける)
  • 喘息死を避ける
  • 生涯を通じ良好な呼吸機能を維持する
  • 少しでも早く治療することが重症化の阻止や有効な治療につながります。重篤な状態になると、呼吸ができなくなり死に至る危険があるため、緊急入院が必要となる場合もあります。喘息死は重篤な人だけでなく、若い人や比較的軽症の場合でも起きることがあるため気管支喘息の治療はとても大切です。

気管支喘息・咳喘息は、自己管理(セルフコントロール)できます

気管支喘息・咳喘息の治療では自分の状態を正しく把握することも大切です。自分の状態を正しく判断して、医師とともに治療を計画すると、わりと容易に自己管理(セルフコントロール)が達成できます。その手段のひとつとしてピークフローメーターという道具を用いた気管支機能の自己測定が挙げられます。当院では、こうした自己管理の方法をご紹介します。また生活習慣の工夫、精神的なサポートなども適宜行っていきます。

気管支喘息治療は多彩です

気管支喘息・咳喘息の治療薬は多彩です。当院では吸入剤・内服剤・貼り薬、さらに抗IgE製剤などの新しい喘息治療薬にも積極的に取り組んでいます。

気管支の炎症を抑えることが治療の中心です

気管支の炎症を抑える薬物には、ロイコトリエン受容体拮抗薬や吸入ステロイド薬などがあります。日本アレルギー学会の気管支喘息治療ガイドラインでは吸入ステロイドが治療の中心に指定されています。吸入ステロイド薬は口からのど・気管支と限られた範囲内にとどまり、また、薬剤の量が極めて少量という特徴がありますので副作用の少ないステロイド薬と言えます。

吸入ステロイドの上手な使い方

気管支喘息発作の症状が安定すれば、吸入ステロイド薬の量を減らしていくこともできます。治療をどのような計画で組み立てていくかが大切です。当院では個々の患者さんにあった最適な治療計画を提供いたします。

こんな方は来院をお勧めします

  • 発作的な咳やたんが続いています
  • 明け方になると、咳のために目が覚めます
  • 咳、息をするときに「ゼーゼー、ヒューヒュー」と音がします
  • 風邪をひくと咳が長引きます
  • 冷たい空気・エアコンの風があたると咳がでやすい
  • 咳止めを飲んでも、咳が止まりません
  • こどもの頃、「ぜんそく」と言われました
  • 親、兄弟に「ぜんそく」の方がいます

ページの先頭へ