呼吸器内科 / 間質性肺炎

間質性肺炎が気になる方へ

肺が何らかの原因で固くなり、膨らみにくくなる病気です。そのため、咳が出たり、息切れを感じたりします。多くはゆるやかな経過ですが、風邪やインフルエンザなどをきっかけとして急速に悪化することがあります。一部の間質性肺炎には専用の治療薬がありますが、その効果はまだ限定的です。日常生活では、感染予防、禁煙などが大切です。いつでもご相談ください。

こんな方は来院をお勧めします

  • たんのない咳が続いています
  • 息切れや動悸が気になります
  • 検診で肺活量検査の異常を指摘されたことがあります
  • 胸部レントゲンで「間質性陰影」の指摘を受けたことがあります
  • 間質性肺炎の経過観察を受けたい

ページの先頭へ