呼吸器内科 / 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群が気になる方へ

睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)は気道の閉塞などの原因のために、睡眠中に何回か呼吸が止まってしまう病気です。症状としてはいびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの症状があります。重症の場合には、日中の眠気のために仕事に支障をきたしたり、居眠り運転などの事故を引き起こしてしまうこともあります。しかしこれらの症状は「日頃の疲れのせい」と見過ごされることが多く、診断が遅れることがしばしばです。無治療のままにしていますと高血圧や脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。逆にかねてから高血圧の治療中の方の中には睡眠時無呼吸症候群が原因であったということも経験します。当院では簡易型睡眠時無呼吸検査による診断を行うことができます。検査は機器を体につけて自宅で休んでいただくだけの簡単なもので、費用は保険適応です。結果によっては精密検査が必要な場合は、近隣の専門医療機関にご紹介できます。治療のために、CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:持続陽圧呼吸療法)を行っている方の診療を行うこともできます。いつでもご相談ください。

こんな方は来院をお勧めします

  • 日中の眠気で困っています
  • 大きないびきをかきます
  • 友人や家族から睡眠時の無呼吸を指摘されました
  • 起床時に頭痛がします
  • 熟睡感がありません
  • CPAP治療を行いたい
  • CPAP治療を行えるクリニックを探しています

ページの先頭へ